No.902017-02-05

「シルバースプーン」を知っていますか?

 株式会社デザインフィル ミドリカンパニー

 ご出産祝 白(シルバースプーン

 本体価格¥360+税

 

 

 

 

 

画像をクリックすると拡大します。(^^♪

 

「シルバースプーン」とは?

ブログにも書いてあるように、西洋の古い言い伝えでは、銀のスプーンを持って生まれてきた子供は幸せになるといわれています。ちなみに、英語では、「Born with a silver spoon in his mouth」(銀のスプーンをくわえて生まれてきた)と言います。

これは、中世ヨーロッパの貴族社会の歴史的背景があります。それまでのヨーロッパの庶民の食卓というのは、御粥やスープが中心でそれを食すための食器は御椀とスプーンの2つのみであり、庶民の人たちにとって、「食」のシンボルはスプーンでした。そして、中世になるとスプーンもそれまで主流だった木製から金属製にになっていきます。

中世ヨーロッパは先ほども述べたように、貴族社会であるため、身分も「使う者」=王、貴族と「使われる者」=使用人、奴隷に分かれてきます。当然、貴族等に従える使用人たちは身分も高くないため、使えるお金や資源がありません。その中で、唯一の所有物が金属製のスプーンなのです。つまり、彼らが子供に残せる財産というのはこの金属製のスプーンだけとなるのです。このことから、スプーンといものは「財」の象徴ともなってきます。

つまり、前述の言い伝えは、食に苦労するだけでなく、経済的な安定と幸せを与えるという意味もこめられています。そのため、今でもヨーロッパでは生まれてきた子供の将来を願って、銀のスプーンを贈っています。また、毎年一本ずつ職人手作りのオリジナルのスプーンやナイフなどを贈り、その子供が大人になった時にその人だけの食器セットができるようする親御さんもいます。

 

※本日は日本史クイズはお休み致します。<m(__)m>

――――――――――――――――――――――――

商品に関するご質問は店頭またはお電話にてお願い致します。(TEL:0564-21-0864)